無料レポート| サービス残業蔓延中!| 残業代請求訴訟|  労働基準監督署|  サービス残業を人事課はどう考えているか?|  残業代を取り戻す!| ホワイトカラーエグゼンプション|

残業代請求のために証拠を残すには? のページを説明

残業代請求のために証拠を残すには?

残業代請求訴訟を起こして、勝つのは、自分で証拠を集めなければなりません。残業代請求の時効は2年なので、退職した後でも訴訟自体は起こせます。

一番いいのはタイムカードのコピーや出退勤の記録のコピー。しかしこれらはカンタンに手に入るとは限りません。
こんな時に裁判での証拠になりうる他のものとしては、自分の業務メモ。一人よりも仲間と一緒に作って書くほうがよいです。

通勤時刻が日々記録されるパスネットや、会社の電話から奥さんや家族の携帯電話に「帰るコール」した着信履歴も証拠になりえます。

さらに、会社のパソコンのログ(仕事がらみのフォルダを何時に開いたか・・・)を元に労働時間を推定したり、退勤時の記録なども使われることがあります。

もし、本気で残業代の請求を考えているならば、今から証拠集めをしておきましょう!思いつきで辞めてしまってからでは、証拠集めが難しくなります。

| 残業代を取り戻す!

残業代請求のために証拠を残すには?は参考になりましたか?

サービス残業訴訟に関して他に知りたいことがありましたら、こちらからお調べ下さい!

「サービス残業撲滅!残業代を取り返せ!」のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]残業代を取り戻すにはどのように行動するか?
>>[次]残業代踏み倒しを合法化?

サービス残業撲滅!残業代を取り返せ!のTOPへ
"残業代請求のために証拠を残すには?"のTOPへジャンプ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。