無料レポート| サービス残業蔓延中!| 残業代請求訴訟|  労働基準監督署|  サービス残業を人事課はどう考えているか?|  残業代を取り戻す!| ホワイトカラーエグゼンプション|

残業代を取り戻すにはどのように行動するか? のページを説明

残業代を取り戻すにはどのように行動するか?

まず、重要なのは組合がどの程度信頼できるか?組合がしっかりしていれば、団体交渉できるので有利。しかし、たいていの会社の組合は御用組合で、経営者となぁなぁの関係だったりする。
こんな場合は相談してもムダ。

では、残業代の不払いやサービス残業をガマンしなければならないのか?

そんなことはありません。個人で参加できるユニオンもあるからです。しかし、その前に職場の意思を統一しておきましょう。職場全体がムリならば、職場で仲間を募って「改善要望書」等を経営者側に出しましょう。まずは現場の声を届けるアクションを起こすのです。

改善要望書も無視されるようだったら、いよいよ労働基準監督署にタレ込むことも考えなければなりません。
犯人探しが怖い場合は、匿名で申告すれば申告者がわからないように調査してくれます。担当者の熱意によって結果は異なりますが。

残業代請求訴訟を裁判に起こす場合は、会社を辞める覚悟で勝負することになります。裁判で勝つには自分で残業した証拠を集める必要があります。

| 残業代を取り戻す!

残業代を取り戻すにはどのように行動するか?は参考になりましたか?

サービス残業訴訟に関して他に知りたいことがありましたら、こちらからお調べ下さい!

「サービス残業撲滅!残業代を取り返せ!」のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]課長・係長クラスならば残業代を請求できるケースも。
>>[次]残業代請求のために証拠を残すには?

サービス残業撲滅!残業代を取り返せ!のTOPへ
"残業代を取り戻すにはどのように行動するか?"のTOPへジャンプ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。