無料レポート| サービス残業蔓延中!| 残業代請求訴訟|  労働基準監督署|  サービス残業を人事課はどう考えているか?|  残業代を取り戻す!| ホワイトカラーエグゼンプション|

課長・係長クラスならば残業代を請求できるケースも。 のページを説明

課長・係長クラスならば残業代を請求できるケースも。

管理職になったとたん収入が減った人は多いのでは?
役職が付いたとたん、「管理職には残業代はつかない」という会社側の主張を鵜呑みにしている人が多いです。
労働者側のこんな思い込みにつけ込んで、入社一年くらいの若手全員を主任にするような会社もあります。あきらかな「残業代逃れ」です。

労働基準法で残業代を払わなくてもいいとされているのは「管理監督者」の条件は、

1.出退勤がある程度自由に出来る。
2.経営者と一体になって権限を行使できる。
3.一般労働者よりも待遇面で明らかに優遇されている。

です。
翻って日本の企業の実情を考えれば、主任・係長・課長クラスでは1・2・3すべてにおいてこの条件を満たしていないのではないでしょうか?
一般的に中間管理職程度では、残業代の請求・割増賃金を請求できるケースがあります。
判例でも、チェーン飲食店の店長・銀行の支店長代理・係長クラスが「管理監督者ではない」とされて、残業代を取り戻しています。

サービス残業に嘆く前に、自分が本当に「管理監督者」なのかを考えて見ましょう。

| 残業代を取り戻す!

課長・係長クラスならば残業代を請求できるケースも。は参考になりましたか?

サービス残業訴訟に関して他に知りたいことがありましたら、こちらからお調べ下さい!

「サービス残業撲滅!残業代を取り返せ!」のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]年棒制・成果給の残業代は?
>>[次]残業代を取り戻すにはどのように行動するか?

サービス残業撲滅!残業代を取り返せ!のTOPへ
"課長・係長クラスならば残業代を請求できるケースも。"のTOPへジャンプ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。