無料レポート| サービス残業蔓延中!| 残業代請求訴訟|  労働基準監督署|  サービス残業を人事課はどう考えているか?|  残業代を取り戻す!| ホワイトカラーエグゼンプション|

残業代訴訟の事例 のページを説明

残業代訴訟の事例

■ 群馬銀行、3200人に12億円を支払う

2006年9月、群馬銀行は約3200人(管理職・パート)に未払い残業代12億円を払うと発表。パソコンのログや個人の手帳をもとに社内調査した結果。


■ JR東日本系日本ホテル、5.2億円支払いへ

2006年5月、JR東日本系の日本ホテルは従業員の指摘で社内調査、5.2億円の残業代未払いが明らかに。残業時間の過少申告が常態化していた。約1000人に過去2年分を支払う。


■ 残業代15万円の不払い容疑で社長逮捕

2006年2月、社員に残業代15万円を払うようにとの行政指導や、取り調べ要請を無視。「逮捕するならしてみろ」などと発言。京都下労働基準監督署に逮捕された。


■ 妻のメモが証拠に。502万円の支払命令

2006年2月、大阪高裁は未払い残業代と付加金502万円の支払いを命じる。原告社員の妻が帰宅時間をメモしたノートや、営業所の戸締り記録が証拠に。


■ モルガン・スタンレー裁判では残業代請求認められず

2005年12月、モルガン・スタンレー証券の元社員による残業代請求を棄却。成果給・時間の自己管理・年棒2000万円と高額などが理由。年棒に残業代を含めるのは妥当と判断。

| 残業代請求訴訟

残業代訴訟の事例は参考になりましたか?

サービス残業訴訟に関して他に知りたいことがありましたら、こちらからお調べ下さい!

「サービス残業撲滅!残業代を取り返せ!」のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]集団訴訟に踏み切る
>>[次]労働基準監督署にいってみよう

サービス残業撲滅!残業代を取り返せ!のTOPへ
"残業代訴訟の事例"のTOPへジャンプ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。