無料レポート| サービス残業蔓延中!| 残業代請求訴訟|  労働基準監督署|  サービス残業を人事課はどう考えているか?|  残業代を取り戻す!| ホワイトカラーエグゼンプション|

残業代請求訴訟の争点は「管理職」か否か のページを説明

残業代請求訴訟の争点は「管理職」か否か

残業代を請求する訴訟で争点になるのは、「管理職(管理監督者)か否か」が問題となります。

1.出・退勤の自由がある
2.人事権がある
3.報酬が高額

この3つがそろうと「管理監督者」に該当することになり、残業代が発生しないと主張されてしまいます。

しかし、人事権というのはどの辺までを指すのか?アルバイトの採用は人事権なのか?高額な報酬とはいくらからなのか?などなど疑問に思うことは多いですよね。
この辺が争点になります。
裁判所の判断もわかれるところですが、訴訟に持ち込む人は増えてきています。
自分さえガマンすれば・・・そう思ってサービス残業をするのは日本人の美徳かもしれません。しかし、そうすることで、会社側の甘え・増長を許すことになり、働き手の意思に関係なくサービス残業をすることにななるのです。

| 残業代請求訴訟

残業代請求訴訟の争点は「管理職」か否かは参考になりましたか?

サービス残業訴訟に関して他に知りたいことがありましたら、こちらからお調べ下さい!

「サービス残業撲滅!残業代を取り返せ!」のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]過労死寸前で提訴に踏み込む人。
>>[次]みなし労働時間制という名のウソ

サービス残業撲滅!残業代を取り返せ!のTOPへ
"残業代請求訴訟の争点は「管理職」か否か"のTOPへジャンプ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。