無料レポート| サービス残業蔓延中!| 残業代請求訴訟|  労働基準監督署|  サービス残業を人事課はどう考えているか?|  残業代を取り戻す!| ホワイトカラーエグゼンプション|

過労死寸前で提訴に踏み込む人。 のページを説明

過労死寸前で提訴に踏み込む人。

チェーン型の飲食店の現状を知っていますか?
社員は店長だけで後はすべてバイトなんて普通。その店長も複数店舗を掛け持ちしているケースもよくあります。
店舗間を車で移動し、睡眠場所も車の中というようなホームレスのような生活をおくっている人もいるのです。

過労とストレスがもたらすものは、過労死・・・

やはり死のニオイが身の周りに近づくと、人間は行動をおこすようです。
普通ならば、会社を辞めて泣き寝入りです。
しかし、一部の勇気ある人は会社に残り、闘う決意をします。

闘う場合は、労働組合に相談してみる。それでも埒が明かない場合は、個人で入れるユニオンに加入するのがオススメです。ユニオンを通じて団体交渉を行うので、会社側も交渉に応じざるを得ません。これで労働環境が改善されることもあります。

問題は未払いの残業代をどう請求するか。この交渉が決裂した場合は、訴訟を起こすことになります。
勤めたままでの訴訟。コンプライアンス(法令遵守)が徹底されている会社ならばいいのですが、オーナー色が強い会社だと、それだけでいじめの対象になるかもしれません。

別室に呼ばれて上司に何時間も説得されるような場合は、ICレコーダーなどで記録しておきましょう。のちのち有利に働く可能性があります。

| 残業代請求訴訟

過労死寸前で提訴に踏み込む人。は参考になりましたか?

サービス残業訴訟に関して他に知りたいことがありましたら、こちらからお調べ下さい!

「サービス残業撲滅!残業代を取り返せ!」のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]外資系に残業という概念はない
>>[次]残業代請求訴訟の争点は「管理職」か否か

サービス残業撲滅!残業代を取り返せ!のTOPへ
"過労死寸前で提訴に踏み込む人。"のTOPへジャンプ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。