無料レポート| サービス残業蔓延中!| 残業代請求訴訟|  労働基準監督署|  サービス残業を人事課はどう考えているか?|  残業代を取り戻す!| ホワイトカラーエグゼンプション|

外資系に残業という概念はない のページを説明

外資系に残業という概念はない

欧米人って、仕事はそこそこ、家族サービス中心で人生を楽しむ・・・みたいなイメージがありますが、それはいわゆる貧困層のお話。欧米のエリート、上層階級の人間というのは、それこそ仕事仕事仕事の日常を送っています。

日本にある外資系会社も当然のコトながらその遺伝子を色濃く引き継いでいます。年収が千万円単位の外資系社員ですが、会社から求められる結果やノルマも厳しく、労働時間が1日18時間以上なんてケースもザラです。

しかし、ここで残業代うんぬん・・・などという人は外資系で勤めることは出来ません。外資系の会社が評価するのは結果のみ。間の過程はどうでもいいのですから。会社を納得させるための結果を出すのは、とんでもない天才か、とんでもない労働時間をこなすかのどちらかです。

早朝のミーティングや深夜から始まる会議。時給換算では、一体いくらなの?みたいな業務体型でもガマンする。

外資系企業で働くとはそういうことです。そのぶんブランド力はありますが。

| サービス残業蔓延中

外資系に残業という概念はないは参考になりましたか?

サービス残業訴訟に関して他に知りたいことがありましたら、こちらからお調べ下さい!

「サービス残業撲滅!残業代を取り返せ!」のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]パートなのにサービス残業?
>>[次]過労死寸前で提訴に踏み込む人。

サービス残業撲滅!残業代を取り返せ!のTOPへ
"外資系に残業という概念はない"のTOPへジャンプ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。