無料レポート| サービス残業蔓延中!| 残業代請求訴訟|  労働基準監督署|  サービス残業を人事課はどう考えているか?|  残業代を取り戻す!| ホワイトカラーエグゼンプション|

サービス残業どころか、会社で暮らす人々 のページを説明

サービス残業どころか、会社で暮らす人々

クリエイティブ系の会社に勤めていると(出版社・Web系など)、締め切り前にはほとんど家に帰れないことも多いようです。
サービス残業どころか、会社で暮してしまっているわけですね(笑)。

泊り込むくらいですから、仕事はいっぱいあります。仮眠2〜3時間で働き続けるなんてことになるわけですね。
こうした深夜勤務が多すぎるのも労働基準監督署からすると注意の対象です。
もちろん強制力はないので、「極力しないように」程度ですが、そうはいっても、やらなきゃ仕事にならないのもこの手の業種の特徴です。

深夜労働ですから残業代はもちろん、割り増し残業代を請求してもおかしくないケースです。しかし実際に割り増し残業代を支払っているような会社は少ないのでは?

残業代を全額支払ったら月収100万くらい楽勝にいきそうですが、もちろんそんなにもらえるはずはありません。
こんなときに便利なのが、
「裁量労働制」
裁量労働制って何かというと、労働時間の制約なしで、業績に応じて給与が支払われる労働です。
つまりは出社退社時間も自由。結果出せばOKってことですね。
でも、実際には、残業代の支給逃れにしか過ぎないケースがおおいのではないでしょうか?

裁量労働制といいつつ、出社時間が決められていたり、いろんな制限があったりする会社も多いです。

| サービス残業蔓延中

サービス残業どころか、会社で暮らす人々は参考になりましたか?

サービス残業訴訟に関して他に知りたいことがありましたら、こちらからお調べ下さい!

「サービス残業撲滅!残業代を取り返せ!」のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]サービス残業の中身は、社内報告書作り?
>>[次]残業代が発生しない=年棒制??

サービス残業撲滅!残業代を取り返せ!のTOPへ
"サービス残業どころか、会社で暮らす人々"のTOPへジャンプ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。