無料レポート| サービス残業蔓延中!| 残業代請求訴訟|  労働基準監督署|  サービス残業を人事課はどう考えているか?|  残業代を取り戻す!| ホワイトカラーエグゼンプション|

サービス残業撲滅!残業代を取り返せ! のページを説明

「サービス残業」訴訟で勝訴が出てきている・・・

サービス残業をしたことのないサラリーマンはいないでしょう。
特に景気回復とともに仕事は増えてるけどもヒトが足りない、新しく採用する気配もないとなると、正社員の仕事量が増えるのは自明の理。
コスト削減・利益追求の名の元に残業代は支払わない。そこには、「同僚や会社に迷惑をかけるわけには・・・」と、文句も言わずにタダ働きを続ける社員への甘えがあります。
サービス残業は明らかな労働基準法違反。2005年の労働基準監督署からでた是正指導によって不払い残業代を支払う会社が続出中!
サービス残業撲滅!残業代を取り戻そう!
実は管理職の方、年棒制の方、成果主義の方でも請求できるんですよ。


>>メニューリスト

あなたは適切な年収をもらっていますか?
その会社は働きやすい会社ですか?
その会社はあなたの価値を正しく評価していますか?
まずは、あなたの本当の価値を知りたくはないですか?
あなたの市場価値を無料で査定!リクルートエージェントのキャリア査定

ホワイトカラーエグゼンプションを推進する経営陣のいいわけ。

労働時間の規制なんて、そもそも守られていない!そう憤慨するサラリーマンも多いのでは?でも、この労働基準法があるからこそ、度を越したサービス残業や長時間労働に対して、労働者側から守られている側面はあります。ホワイトカラーエグゼンプションが導入されれば、この規定がなくなれば、働きすぎて過労死しても、それは労働者の自己責任ということになりかねないわけです。経営者側は、自律的に働くホワイトカラーが増えた…

ホワイトカラーエグゼンプションを推進する経営陣のいいわけ。の全文を読む

残業代踏み倒しを合法化?

サービス残業が常態化している日本企業。これに追い討ちをかける法案がホワイトカラーエグゼンプションです。「規制改革・民間開放3ヵ年計画」の中の「米国のようなホワイトカラーエグゼンプションの導入を検討する」という項目がそれです。この計画そのものはすでに閣議決定されています。民主党は「残業代ピンハネ法案」、マスコミは「残業代ゼロ法案」と呼び、労組側も猛烈に反発しています。選挙への影響を考慮した与党は、2…

残業代踏み倒しを合法化?の全文を読む

残業代請求のために証拠を残すには?

残業代請求訴訟を起こして、勝つのは、自分で証拠を集めなければなりません。残業代請求の時効は2年なので、退職した後でも訴訟自体は起こせます。一番いいのはタイムカードのコピーや出退勤の記録のコピー。しかしこれらはカンタンに手に入るとは限りません。こんな時に裁判での証拠になりうる他のものとしては、自分の業務メモ。一人よりも仲間と一緒に作って書くほうがよいです。通勤時刻が日々記録されるパスネットや、会社…

残業代請求のために証拠を残すには?の全文を読む

残業代を取り戻すにはどのように行動するか?

まず、重要なのは組合がどの程度信頼できるか?組合がしっかりしていれば、団体交渉できるので有利。しかし、たいていの会社の組合は御用組合で、経営者となぁなぁの関係だったりする。こんな場合は相談してもムダ。では、残業代の不払いやサービス残業をガマンしなければならないのか?そんなことはありません。個人で参加できるユニオンもあるからです。しかし、その前に職場の意思を統一しておきましょう。職場全体がムリなら…

残業代を取り戻すにはどのように行動するか?の全文を読む

課長・係長クラスならば残業代を請求できるケースも。

管理職になったとたん収入が減った人は多いのでは?役職が付いたとたん、「管理職には残業代はつかない」という会社側の主張を鵜呑みにしている人が多いです。労働者側のこんな思い込みにつけ込んで、入社一年くらいの若手全員を主任にするような会社もあります。あきらかな「残業代逃れ」です。労働基準法で残業代を払わなくてもいいとされているのは「管理監督者」の条件は、1.出退勤がある程度自由に出来る。2.経営者と一…

課長・係長クラスならば残業代を請求できるケースも。の全文を読む

年棒制・成果給の残業代は?

年棒制・成果給というと、残業代はないと思いがち。しかし、この認識は少し違います。年棒制は年単位で賃金を決める方法です。年棒に時間外の労働手当てが含まれていると主張するには、残業代にあたるのはどんな仕事かをきちんと決めておく必要があります。ここがあいまいなままならば、所定の労働時間を越える残業代や深夜手当・休日手当を請求することが出来ます。年棒に●時間の残業代を含む・・・というような規定があったと…

年棒制・成果給の残業代は?の全文を読む

実際の残業時間をカウントせよ!

さて、未払いの残業代を取り戻す!サービス残業はしない!と決心したら、まずやるべきことは実際に自分がどれくらい残業をしているかカウントすることです。上司の指揮下にいる時間を労働時間と考えて間違いないです。たとえ自発的に見えても、上司が黙認している場合も労働時間とみなします。ただし持ち帰り残業は、上司もしくは会社が指示した場合にしか労働時間になりません。持ち帰らないと絶対にムリな量の仕事を明日までに…

実際の残業時間をカウントせよ!の全文を読む

サービス残業は必要悪?

人事課から見ると、すべての残業に残業代をつけることへの不安感があります。つまり、残業代がいくらでも払われるとなると、仕事もないのに残業をしたり、休日出勤してくる人がでてくるのです。欧米人は残業なんかしないってイメージがありますが、残業代がつくと知った海外研修生が、突然、残業し始めることもあるそうです。いるだけでお金がもらえるならば、残業するよって話ですね。こんな状態では、コストがかさんで仕方があ…

サービス残業は必要悪?の全文を読む

労働基準監督署にいってみよう

労働基準監督署はサービス残業の摘発を熱心にやっています。労働基準監督署には「労働相談コーナー」があります。労働者も経営者もここで相談することになります。相談シートに記入する必要があるのですが、個人名の記入は必要ありません。その後は監督官が相談を聞きながらシートに記入していきます。この相談シートを元に監督官が会議にかけて、立ち入り調査をすることも可能です。証拠書類があるとベターですが、口頭相談でも…

労働基準監督署にいってみようの全文を読む

残業代訴訟の事例

■ 群馬銀行、3200人に12億円を支払う2006年9月、群馬銀行は約3200人(管理職・パート)に未払い残業代12億円を払うと発表。パソコンのログや個人の手帳をもとに社内調査した結果。■ JR東日本系日本ホテル、5.2億円支払いへ2006年5月、JR東日本系の日本ホテルは従業員の指摘で社内調査、5.2億円の残業代未払いが明らかに。残業時間の過少申告が常態化していた。約1000人に過去2年分を支払う。■ 残業代15万円の不払い容疑で…

残業代訴訟の事例の全文を読む

集団訴訟に踏み切る

管理職になって給与が減るなんてことがあります。残業代もつかない・労働はきつい・・・それなのにヒラ社員よりも手取り給与が少ないなんてことも。残業代でなく役職手当を支給している。サービス残業どころか、管理職には残業という概念がない。会社側はそういいきるかもしれません。しかし残業代に比べれば役職手合は少ないなんてザラです。このような待遇に不満のある管理職が複数で会社を訴えることも可能です。ただしこの場…

集団訴訟に踏み切るの全文を読む

みなし労働時間制という名のウソ

みなし労働時間制という言葉を知っていますか?みなし労働時間制とは、事業場外労働、つまり事業所の外で働く形態の職種(添乗員や外勤営業など)や、研究開発のような専門業務で労働時間を把握できないような場合に、一定時間労働したとみなす制度のことです。このみなし労働制を採用して、「残業ではない」としている場合でも、状況によっては勝つことができます。特に添乗員の場合、ツアーの行程表などが残っていれば有利です…

みなし労働時間制という名のウソの全文を読む

残業代請求訴訟の争点は「管理職」か否か

残業代を請求する訴訟で争点になるのは、「管理職(管理監督者)か否か」が問題となります。1.出・退勤の自由がある2.人事権がある3.報酬が高額この3つがそろうと「管理監督者」に該当することになり、残業代が発生しないと主張されてしまいます。しかし、人事権というのはどの辺までを指すのか?アルバイトの採用は人事権なのか?高額な報酬とはいくらからなのか?などなど疑問に思うことは多いですよね。この辺が争点に…

残業代請求訴訟の争点は「管理職」か否かの全文を読む

過労死寸前で提訴に踏み込む人。

チェーン型の飲食店の現状を知っていますか?社員は店長だけで後はすべてバイトなんて普通。その店長も複数店舗を掛け持ちしているケースもよくあります。店舗間を車で移動し、睡眠場所も車の中というようなホームレスのような生活をおくっている人もいるのです。過労とストレスがもたらすものは、過労死・・・やはり死のニオイが身の周りに近づくと、人間は行動をおこすようです。普通ならば、会社を辞めて泣き寝入りです。しか…

過労死寸前で提訴に踏み込む人。の全文を読む

外資系に残業という概念はない

欧米人って、仕事はそこそこ、家族サービス中心で人生を楽しむ・・・みたいなイメージがありますが、それはいわゆる貧困層のお話。欧米のエリート、上層階級の人間というのは、それこそ仕事仕事仕事の日常を送っています。日本にある外資系会社も当然のコトながらその遺伝子を色濃く引き継いでいます。年収が千万円単位の外資系社員ですが、会社から求められる結果やノルマも厳しく、労働時間が1日18時間以上なんてケースもザラ…

外資系に残業という概念はないの全文を読む

パートなのにサービス残業?

結婚後、子供が出来てやむなく退職する女性は多いでしょう。こうしたお母さんが、子供を保育園に預けてパートに出ることもまた、多いことだと思います。もちろん、子供のお迎えや家事のことを考えれば、時間に縛られる正社員という道はなかなか選べません。待遇が若干悪くても、パート勤務することになります。「子供がいるから・家事があるから残業できない」そんなパート女性にもサービス残業の魔の手は及んでいるのです。社員…

パートなのにサービス残業?の全文を読む

残業代なんてそもそも出ない

仕事内容によってはそもそも残業代がない会社もあります。たとえば福祉施設などでは突発的なトラブルが起こるような職場では、多少のサービス残業は仕方が無い・・・と考える人も多いようです。残業代が出ないのだからトラブルが起こらなければ、さっさと帰りたいのが普通だと思うのですが、中には、意味もなく残業をしたがる職場大好きな人間もいます。そんなの明日にしたら?もしくは、そんなこと昼間の暇な時間にしとけばいい…

残業代なんてそもそも出ないの全文を読む

残業代が発生しない=年棒制??

年棒制に移行する会社が増えていますね。ところが年棒制なんていうと、プロスポーツ選手みたいで格好よく感じますが、ふたを開ければ、年棒制=タダ働きです。年棒制で契約したら最後、収入は一円も増えないのに、ひたすら仕事量だけが増え続けるなんて悲劇が起こるかもしれません。平日は朝から夜まで働きづめ、土日も出社。それでも足りずに仕事を家に持ち帰る・・・そんな生活をしている人も多いはずです。会社としては、年棒…

残業代が発生しない=年棒制??の全文を読む

サービス残業どころか、会社で暮らす人々

クリエイティブ系の会社に勤めていると(出版社・Web系など)、締め切り前にはほとんど家に帰れないことも多いようです。サービス残業どころか、会社で暮してしまっているわけですね(笑)。泊り込むくらいですから、仕事はいっぱいあります。仮眠2〜3時間で働き続けるなんてことになるわけですね。こうした深夜勤務が多すぎるのも労働基準監督署からすると注意の対象です。もちろん強制力はないので、「極力しないように」程…

サービス残業どころか、会社で暮らす人々の全文を読む

サービス残業の中身は、社内報告書作り?

さて、多くのサラリーマンが経験しているサービス残業。では、その内容は?華々しく、海外取引先との熱いプレゼンのためも下準備でしょうか?それとも、会社の命運をかけた巨大プロジェクト運営のための作業でしょうか?もちろん、そんな人もいるかもしれませんが、多くのサラリーマンは社内への報告書作りや、社内会議の資料作りにサービス残業を余儀なくされているようです。昨今はスケジュール管理に異常にうるさい会社が増え…

サービス残業の中身は、社内報告書作り?の全文を読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。